札幌~留萌の移動手段まとめ 安いのは?早いのは?

高速バスの写真格安旅行

札幌から留萌への移動手段としては、バスとJRがあります。それぞれの所要時間や料金を比較してみました。

スポンサーリンク

バス

まずはバスから見ていきます。

札幌~留萌で使えるバスは2種類。北海道中央バスが運行する「高速るもい号」と、沿岸バスが運行する「特急はぼろ号・ましけ号」です。

北海道中央バス「高速るもい号」

高速るもい号は、北海道中央バスが運行している、札幌駅前ターミナルと留萌ターミナルを結ぶ路線です。その中でも直行便、深川経由便、滝川経由便に分かれており、時間が少し違いますが、札幌~留萌間を移動するならどれを利用してもOKです。

運賃

札幌~留萌 

片道:2,650円
往復:4,940円 
4枚綴り回数券:9,300円(1枚当たり2,325円)

所要時間

札幌駅前ターミナル⇄留萌ターミナル

直行便:2時間38分
深川経由便:約3時間
滝川経由便:約3時間10分


直行便は留萌→札幌の朝の便1便のみの設定です。深川経由便と滝川経由便はあまり時間の差はなく、3時間程度となっています。

運行本数

1日7往復

内訳は、

留萌→札幌:直行便1本
      深川経由便3本
      滝川経由便3本

札幌→留萌:深川経由便4本
      滝川経由便3本

です。

始発・最終

札幌→留萌

始発:札幌駅前ターミナル7:20→留萌ターミナル10:28
最終:札幌駅前ターミナル18:15→留萌ターミナル21:13

留萌→札幌

始発:留萌ターミナル6:30→札幌駅前ターミナル9:08
最終:留萌ターミナル18:50→札幌駅前ターミナル22:02

その他

・予約不要
事前の予約は不要です。当日チケット売り場で購入か、乗車券を購入せずに降車時に支払うことも可能です。

・ICカード利用可
Suica、SAPICAなどのICカードの利用が可能です。

・無料Wi-Fiあり


高速るもい号の公式サイトはこちらhttps://www.chuo-bus.co.jp/highway/?ope=det&n=13&o=1&t=194

沿岸バス「特急はぼろ号・ましけ号」

特急はぼろ号・ましけ号は、沿岸バスが運行しています。はぼろ号は札幌~留萌間で高速道路を経由し、その先日本海沿いに羽幌を経由して道北の豊富まで行きます。ましけ号は札幌から一般道を通り、日本海に沿ってましけを経由して留萌まで運行しています。

2021年3月24日現在、新型コロナウイルスの影響で特急ましけ号は運休中なので、ここでは特急はぼろ号のみ紹介します。

運賃

①札幌~元川町

片道:2,410円
往復:4,490円
4枚綴り回数券:8,480円(1枚当たり2,120円)

②元川町~留萌十字街

片道:220円
往復:440円

③札幌~留萌十字街

片道:2,630円
往復:4,930円


特急はぼろ号は留萌の中心部を通らないので、中心部に行くには元川町という中心部から1.5㎞ほどのバス停で乗り継ぎが必要です。

1.5㎞なら歩けない距離ではなさそうですが、もしバスを利用するなら追加で②の片道220円が必要となり、合計料金は③の金額になります。

所要時間

札幌駅前ターミナル~元川町:2時間15分
元川町~留萌十字街:10分
札幌駅前ターミナル~留萌十字街:3時間程度


元川町での乗り継ぎはある程度考えられたダイヤになっているようですが、それでも合計すると3時間程度かかりそうです。

沿岸バスで行くなら元川町~留萌中心部は歩いたほうが早くて安そうです。

運行本数

1日3往復

新型コロナウイルスの影響で、現在は特急はぼろ号のみ、1日3往復の運行となっています。

始発・最終

札幌→留萌

始発:札幌駅前ターミナル13:00→元川町15:14 15:44→留萌十字街15:54
最終:札幌駅前ターミナル18:00→元川町20:14 接続なし

留萌→札幌

始発:留萌十字街7:50→元川町8:00 8:30→札幌駅前ターミナル10:45
最終:留萌十字街13:10→元川町13:20 13:30→札幌駅前ターミナル15:45


コロナウイルスの影響もあり、札幌→留萌の始発はとても遅くなっています。また、留萌→札幌の最終も早く、札幌から留萌への日帰りには利用できなさそうです。

その他

・予約が必要
事前に電話や窓口で予約が必要です。購入は、窓口やバス車内で可能なようです。

・無料Wi-Fiあり(繁忙期はない場合がある)

・途中砂川SAで休憩あり


特急はぼろ号の公式サイトはこちらhttp://www.engan-bus.co.jp/01_expressbus/index.html

JR

特急列車+普通列車

JRを使う場合は、

札幌~深川:特急列車
深川~留萌:普通列車

という組み合わせが基本になります。

運賃(自由席利用)

札幌駅~留萌駅

片道:5,460円
往復:5,750円(Sきっぷ利用)


片道はバスと比べてかなり高いです。しかし、SきっぷというJR北海道のお得なきっぷを使えば、片道の値段とほぼ同じ値段で往復することができます

Sきっぷは簡単に言うと往復乗車券のようなもので、駅のみどりの窓口や指定席券売機で購入できます。

Sきっぷについて詳しくは公式サイトへhttps://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Otoku/006380/

所要時間

2時間~2時間半程度


札幌~深川が特急列車で1時間、深川~留萌が普通列車で1時間、そこに乗り換え時間が加わる、という感じです。深川での乗り換えは短時間で済むようになっていますが、20分ほど時間が空いてしまう時もあるようです。

運行本数

6~7本


札幌~深川間の特急列車は本数が多いですが、深川~留萌間の普通列車の本数が少なくなっており、上記の本数しかありません。

ちなみに深川~留萌間については今後廃止になる可能性も高いので、そのときはバス一択になってしまいそうです。

始発・最終

札幌→留萌

始発:札幌駅6:35→留萌駅8:55
最終:札幌駅19:00→留萌駅21:11

留萌→札幌

始発:留萌駅5:49→札幌駅8:26
最終:留萌駅20:20→札幌駅22:53

普通列車

特急列車を使わず、全て普通列車で行くという手もあります。

しかし、本数も少なく時間もかかるうえに、料金もあまり安くないのであえて選ぶメリットはないでしょう。青春18きっぷ利用なら選択の余地はありますが、わざわざ購入するほどのお得感はありません。

運賃

片道:3,630円
往復:7,260円

※青春18きっぷを利用した場合

片道:2,410円
往復:2,410円(1日で往復)
   4,820円(それ以外)


青春18きっぷを利用して1日で往復するならこれが一番安いですが、それ以外ならバスや特急利用のほうがよさそうです。

所要時間

3時間~6時間程度

接続がうまくいくケースでは3時間ほどで行ける場合もありますが、多くは4時間程度です。また、札幌から始発で留萌へ行こうとすると乗り継ぎの時間が長くなり、6時間かかってしまいます。

運行本数

札幌→留萌:4本
留萌→札幌:7本

始発・最終

札幌→留萌

始発:札幌駅6:00→留萌駅12:07
最終:札幌駅16:07→留萌駅19:09

留萌→札幌

始発:留萌駅5:49発→札幌駅8:58着
最終:留萌駅20:20発→札幌駅23:16着


留萌→札幌は始発・最終共に利用しやすそうです。しかし、札幌→留萌は乗り継ぎがうまくいかず、始発に至っては所要時間が6時間と、使えそうにありません。

まとめ 全てを比較

北海道中央バスの「高速るもい号」、沿岸バスの「特急はぼろ号」、JRの「特急+普通」、JRの「普通列車のみ」を比較してみましょう。

片道料金往復料金所要時間本数始発最終
高速るもい号2,650円4,940円約3時間7往復札幌7:20→留萌10:28
留萌6:30→札幌9:08
札幌18:15→留萌21:13
留萌18:50→札幌22:02
特急はぼろ号2,630円4,930円約3時間3往復札幌13:00→留萌十字街15:54
留萌十字街7:50→札幌10:45
札幌18:00→元川町20:14
留萌十字街13:10→札幌15:45
JR特急+普通5,460円5,750円約2時間~2時間半6~7本札幌6:35→留萌8:55
留萌5:49→札幌8:26
札幌19:00→留萌21:11
留萌20:20→札幌22:53
JR普通のみ3,630円7,260円約3~6時間4~7本札幌6:00→留萌12:07
留萌5:49→札幌8:58
札幌16:07→留萌19:09
留萌20:20→札幌23:16

※沿岸バスの料金・所要時間は札幌→元川町→留萌十字街までです。

まとめると、最も安いのは沿岸バス「特急はぼろ号」、最も速いのはJR「特急+普通」となりました。また、始発が最も早く、最終が最も遅いのも、JR「特急+普通」でした。

しかし、料金や本数、所要時間などを勘案し総合的に判断すると、北海道中央バス「高速るもい号」が最も利用しやすそうです。

料金も「特急はぼろ号」とほぼ同じで、本数も多いです。また中心部まで直接行けるというのもメリットです。

ということで、札幌⇄留萌のおすすめ移動手段は北海道中央バス「高速るもい号です。

ただし、早く移動したいという場合はJRを利用しても良いでしょう。往復なら料金は高速バス+1,000円程度で、速達効果は大きいです。

それぞれの目的に合わせて利用してみてください。

読んでくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました