超お得な「さあ!サッポロ冬割!」夏割と何が違う?クーポンはなくなる心配なし?

サッポロ冬割の宣伝画像格安旅行

3月10日追記
サッポロ冬割公式サイトにおいて、このキャンペーンの開始を当面の間延期するとのアナウンスが流れました。
中止ではなく延期となっているので、コロナが収まったらまたすることがあるかもしれません。コロナが早く収まることを願うばかりです。

2月15日追記
現在、サッポロ冬割の公式サイトでは、コロナの状況を踏まえキャンペーン開始時期を慎重に見極めているとの記述がなされています。あくまで予測ですが、少なくとも国の緊急事態宣言が解除されるまで、そして札幌市の集中対策期間が終了するまでは、サッポロ冬割の開始はないのではないかと思われます。

このままではサッポロ冬割ではなくサッポロ春割などになりそうですが…果たしてどうなるのでしょうか。
また新しい情報が入ったら、更新していきます。

1月8日追記
国の緊急事態宣言発出と、札幌市内での感染状況を踏まえ、サッポロ冬割の1月中旬の開始は難しいと札幌市の秋元市長が表明しました。当面の間、サッポロ冬割の開始はなさそうです。

1月16日に開始と予想されている「さあ!サッポロ冬割&冬も泊まってスマイルクーポン」

札幌市内の対象宿泊施設に宿泊すると、一人一泊当たり5,000円が割り引かれ、さらに市内の飲食店などで使える2,000円分のクーポンが付いてくるという、超お得なキャンペーンです。

この記事では、夏に行われた「さあ!サッポロ夏割」との違いに注目しながら、「さあ!サッポロ冬割」の内容について見ていきます。

スポンサーリンク

「さあ!サッポロ冬割&冬も泊まってスマイルクーポン」の概要

期間は?

2021年1月16日(土)(予想) 未定~3月7日(日)チェックアウト分まで(ただし、新型コロナウイルスの感染状況によっては変更あり。)

開始日についてはまだ公式には発表されていませんが、札幌市長が会見で1月中旬ごろ開始の意向を示したようです。

対象者は?

札幌市内の対象宿泊施設宿泊者(40万人泊)

Go Toキャンペーンが停止されている現状もあり、最初は道民のみが対象となるようです。

さあ!サッポロ冬割 宿泊割引の詳細は?

宿泊割引の内容は、だいたい夏割のときと変わりなしです。

ただし、Go Toとの併用については異なっています。

割引額は?

サッポロ冬割の割引額は一人一泊当たり5,000円です。(ただし、税込6,000円以上の宿泊に限る)

夏割と変わりません。

利用制限は?

利用回数に制限はありません。ただし、連泊は5泊までです。

このあたりも夏割と変化なしです。

Go Toとの併用は?

併用は可能です。地域共通クーポンももらえます。

ただし、Go Toトラベル割引後に6,000円以上のプランが対象となります。

すなわち、Go Toの割引前で一人9,230円以上のプランが対象と思われます。(9,230円からGo To分の35%分を割り引くと、6000円になるためです)

夏割のときは、このような制限がなく併用ができ、さらに夏割割引前の金額の35%が還元されたので、現金をもらって宿泊できるのではないかなんて話にもなりました。
(例えば、夏割による割引前6,000円のプランなら、夏割で5,000円割り引かれて支払いは1,000円となり、さらにGo Toにより夏割割引前の6,000円の35%、2,100円が還付されて1,100円をゲットできるのでは!?という感じです)。

ただし、さすがにそんなことはなく、還付されたのは1,000円のみで、残りの1,100円はもらえませんでしたが(笑)
これについては、別に記事を書こうと思っているので、興味があれば見ていただければうれしいです。

とにかく、冬割はGo Toと併用することができますが、少なくとも1,000円は支払う必要がある、ということです。

1月5日現在、Go Toキャンペーンは停止が続いており、首都圏に緊急事態宣言が発出される見込みであることから、政府は当面の間再開は難しいとしています。また、緊急事態宣言の期間は1か月ほどの見込みで、少なくとも1月中の再開は期待できません。
2月に入って再開されたとしても、その頃にはサッポロ冬割プランが完売してしまっている可能性も考えられます。そのため、サッポロ冬割とGo Toとの併用は実現しない可能性が高いのではないかと思われます。(個人的見解ですが)

スマイルクーポンの詳細は?夏割とはかなり異なる

冬も泊まってスマイルクーポンは、夏割のときとは大きく異なるので注意が必要です。

何円分もらえる?

冬も泊まってスマイルクーポンは、一人一泊につき2,000円分進呈されます。

夏割のときは3,000円分だったので、1,000円減る結果に。それでも十分なのですが(笑)

どこで使える?

宿泊施設内店舗、市内の対象飲食店、タクシーなど

具体的な店舗などはまだ発表されていませんが、夏割のときとあまり変わらず、上記のような場所で使えるようになると思われます。
冬ですので、スキー場なんかでも使えるようになるかもしれません。

いつ使える?

ここが夏割と大きく異なる点なので、注意が必要です。

冬割では、スマイルクーポンは冬割利用のチェックイン日からチェックアウト日までしか利用できません。

つまり、夏割のときのように、どんどん貯めておいて後から一気に使う、ということはできないわけです。
どのように使うか、事前に決めておくとよいかもしれません。

また、連泊する場合は、原則として宿泊日ごとの配布とされています。しかし、宿泊施設の判断で、チェックイン時にまとめて配布してくれることもあるようです。

宿泊日ごとなら、一日ごとに使わないといけないのでかなり大変そうですが、ホテル側も面倒でしょうから、一気に配布してくれるところが多くなるのではないかと思います。

配布対象は?クーポンがもらえないことはない?

ここも夏割と異なるようです。

夏割のときは、「市内宿泊施設にご宿泊の方(先着40万人泊)」となっていましたが、冬割では「さあサッポロ冬割プランでご宿泊の方(40万人泊)」となっています。

すなわち、サッポロ冬割のプランを利用して泊まらないと、クーポンはもらえないということのようです。

ここは個人的に重要なポイントだと思っています。
なぜかというと、夏割のときはサッポロ夏割プラン以外で予約した人も配布対象だったため、クーポンがどんどんなくなってしまい、夏割プランで予約したのにクーポンがもらえない、というようなことが起きていたからです。
クーポンがなくなる前にと、無理に早めに宿泊した方も多かったのではないかと思います。

冬割では、冬割で宿泊した人以外はクーポンがもらえないなら、ホテルの割引もクーポンの配布も40万人泊となっているので、冬割で宿泊した人は全員クーポンがもらえるということになりそうです。

そうなれば、クーポンがなくなるかもという心配をせず、自分の好きなタイミングで宿泊できそうです。

このあたりはまだ予定ですし、他の方のブログなどを見ていても、冬割以外の人も対象というような書き方の記事が多かったので、少し怪しいところではありますが…

まとめ

まとめると、サッポロ冬割では、

一人一泊当たり5,000円が割り引かれ2,000円分のクーポンがもらえる

ただし、6,000円以上のプランが対象で、Go Toと併用するなら9,230円以上のプランが対象(と思われる)。

クーポンはチェックイン日からチェックアウト日までしか利用できないが、なくなることはなく、冬割で泊まれば必ずもらえるかもしれない(ここは分かりません)。

という感じです。

夏割のときとはGo Toとの併用、クーポンの利用可能日などが異なっているので、注意する必要があります。

コロナウイルスがどうなるかも分からないので、常に最新の情報をチェックしながら、積極的に利用していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました